HOME>info>安心!化粧品輸入代行について知っておくべきこと

化粧品の輸入について

海外から化粧品を輸入するのは、手続きなど色々大変です。化粧品輸入代行を行っている業者に依頼し、スムーズに化粧品を輸入しましょう。まずは、化粧品輸入の際に知っておきたい化粧品と医薬部外品の特徴を比較しながら確認しましょう。

医薬部外品と化粧品の比較

医薬部外品

医薬部外品は、有効成分の一定の効果が厚生労働省に認められた製品のことです。医薬品と化粧品の中間ともいわれており、衛生を保つための目的で作られています。

化粧品

おもに美容目的でつくられた製品の事ですが、医薬部外品と比べてその効果は緩やかです。厚生労働省には認可されていないので、詳しい効能や効果をパッケージに記載することはできません。

業者は実績に注目

メイク道具

海外ブランドの化粧品を海外から輸入する場合には、薬事法に関する資格が必要となるため、取り扱うためには化粧品輸入代行をしてくれる業者を利用することが手間なく入手する方法のひとつとなります。ところが、化粧品輸入代行をしてくる業者は数が多く、その中から優良業者を選ぶには選ぶポイントがあります。一番重要なポイントは実績です。気になる業者を見つけたときには実績を注目します。化粧品はスキンケアやメイクアイテムなど幅広く存在しています。さまざまなアイテムを取り扱っている業者であれば国内での手続きも安心して任せることができます。

かかる費用が明確

メイク道具

化粧品輸入代行は海外の商品を輸入することになるため価格変動があるため、一度輸入したことがある商品であっても、次に依頼してみたら価格が大幅に異なる場合がありますし、商品の費用だけでなく代行手数料などプラスの料金が発生します。化粧品輸入代行を利用する前に見積もり作成を依頼してかかる費用を事前に確認しておきます。見積もりは一般的に無料ですし、多くの業者ではホームページに費用を展開しています。ところが手数料などが曖昧であったり、見積もりが有料、利用を前提として登録料を発生する業者は利用を避けておくことがおすすめです。

複数の業者を比較する

パレット

化粧品輸入代行は数多くあるため、複数の業者を見比べて利用することがおすすめです。業者によっては通関の手続きだけを取り扱うところや依頼をしたらすべてを賄ってくれるところもあります。長期的に商品を輸入したい場合には、依頼する業者を複数比較することも大切です。