HOME>人気記事>【確認しておこう】不織布についての基本情報

不織布とは?

不織布は衣料品や布団、ビニールシートなど色々なところで使用されています。不織布はフェルトとも少し似ているのですが、違いをご存知でしょうか?まずは、不織布とフェルトの特徴を比較しながらみていきましょう。

不織布とフェルトの違い

不織布

不織布はその名の通り、織ったり編んだりせずに作られています。繊維を樹脂で接着させて作られた布のことです。通気性やろ過性に優れているので、製品製造の場面でも多く使われています。

フェルト

こちらも縫ったり編んだりはしていないのですが、羊毛などの動物の毛を絡ませた布地のことです。弾力性や保温性が高く、手芸品として多く利用されています。

今や必要不可欠

会議

昨今生活の中で不織布の製品が利用される場面が増えて、利用する目的も多岐に渡りますが、一番身近で幅広く活用されているジャンルとしては、使い捨ての衛生グッズがあります。マスクや紙オムツ、ウェットティッシュなどが衛生グッズの中では代表的で、活用される目的としては洗濯が必要ない事と、使い切りに出来る為衛生的と言う部分が挙げられます。また使い切りに出来るだけの、コストパフォーマンスにも優れていると言う部分が、ニーズに合ったと言えます。もちろん不織布は衛生グッズだけではなく、空気清浄機や換気扇のフィルター、ティーバックなど生活に密着した製品や、農業や工業、建築などビジネスシーンに於いても今や必要不可欠です。

今では極当然で普通に

不織布の登場によって様々なジャンルの製品の素材が、従来の布から不織布に変わっていくアイディアや着眼点が見出されました。今では不織布で作られている事が極当然で普通の事になったジャンルの製品も、少なくありません。

得られるメリット

日常生活やビジネスシーンで不織布を活用した製品を使う事で得られるメリットは、使い切りにする事でコストパフォーマンスの向上や、手間隙の軽減を実現させた事にあります。更には使う事で経済効果の面にも貢献出来ると言う点が挙げられます。不織布を用いた製品を販売したいという場合、専門業者に依頼することで製造してもらうことが可能です。