HOME>人気記事>化粧品輸出【安全に輸出するなら代行業者を利用】

目次

どうすればいいのか

メイクブラシ

化粧品輸入に興味があるけどどうすればいいのかわからない、そんなときは化粧水輸入代行会社に任せることです。化粧品を輸入するには知事の許可が要るので煩雑な手続きがあります。そのためには時間も手間もかかりますが、代行会社ならすでに許可を取っているので自ら取らなくてもいいのです。また気に入った外国の化粧品を日本国内で販売するには、成分分析をする必要がありますが代行会社は代わって行ってくれます。

個人でも大丈夫

目元

化粧品輸入代行会社は、法人だけでなく個人の方も利用できます。最近では個人で手軽にネットショップを持つことができるので、海外化粧品をネットで販売することもできます。また輸入する時になれない外国語を使用するのはストレスが溜まりますが、海外からの仕入れややりとりもすべて行ってくれるので助かります。そのため初心者の方も安心して輸入することができます。

様々な方法で輸入

メイク道具

化粧品輸入を行うときには、様々な方法があります。小ロットなら速い航空便が便利で量が多いなら、船やコンテナなどお客様の希望に応じて代行会社は対応してくれます。またお客様の希望する運送会社を利用することも問題ないです。そして輸入した化粧品をお客様に発送するときは、厳重に梱包して途中で商品が壊れないようにしてくれます。また化粧品輸入代行会社は日本全国の方の依頼を受付しています。

箱のデザインや表記

メイク道具

化粧品輸入を行ってそのまま商品を売るだけでなく、自社ブランドとして売ることもできます。その際化粧品の箱のデザインや成分の表記などを代行会社は行ってくれます。化粧品の表記には様々な法律が絡むので非常に気をつかうのですが、代行会社に任せることでリスクがなくなります。また商品の宣伝のためのパンフレット作成も行ってくれます。